風俗におけるイラマチオプレイ

風俗嬢のサービスの悪いのは、名風俗狂いのテクニックでいかに気持よくさせようとしましてもよいイラマチオプレイとはならないのです。大金払って射精なしという結果を見るばかりですから、手コキにしましても、顔面騎乗にしましても、あるいは手マンのごとき、前戯の場合でさえ、およそ風俗遊びに用いるものは、良い悪いの斟酌を注意深くすることです。
さて、その次に考えられますことは、プレイの加減ということであります。この加減ひとつ(ハードに短期決戦を挑むか、ソフトな甘々プレイを楽しむか)が風俗遊びの上での命の綱でありまして、優良客の腕の見せ所なのです。
濡らし加減、焦らし加減、舐め加減、勃起加減、アナルほぐし加減と、自分の体嬢の体ともに加減の大事が次々とかぎりなくあります。エッチな時間を殺すも生かすも、テクニックとしまして、実に、このコンディションの読みの加減ひとつにあるのであります。しかし、これをうまくするためには一朝一夕に身につくところではありませんから、数多く実プレイについて慣れてみるよりほかに方法はないのであります。たびたびの擬似セックスこそ、風俗遊びの先生であると言ってよいかと思います。
次は審美眼の問題であります。これはスタイルやスレンダーさ、くびれやおっぱいの形などの見た目的美しさのことであります。美的価値のない嬢はパネルなどで修正されますが、度が過ぎればパネマジ詐欺と呼ばれ、よい風俗店とはみなされないのであります。ひとりオナニーには関係ありませんが、風俗嬢を呼ぶのであれば眼に見て美しい嬢を選ぶのに越したことはないのでありますから、この点、嬢のスリーサイズや肌の色などには充分関心を持つべきであると思います。食指が動くというのは日焼け具合やくびれの美しさ、Vidal Sassoonとかのシャンプーのいいにおいでありますから、風俗はちんこよりさきに、眼鼻にサービスしてしかるべきでありましょう。
その次は風俗嬢への刺し身の盛り付け方であり、いわゆる女体盛りの話です。スーパーロングコース、デートコースを選べば出来て、容器に見立てた女体に刺し身をうまく盛り付けることが大事であります。これは芸術を嗜む心とまったく同じであり、絵を描く心とも通じる非常に芸術的な観点なのであります。出来上がった女体盛りで射精するのだと解釈されて宜しいのであります。赤身魚や白身魚と黒ギャル白ギャルの組み合わせ、ペガサス昇天MAX盛りなど盛り付けへの飽くなき取り組み、いずれも右脳的才能の仕事でありまして、真善美をよしとするまこと健康な審美眼を持っておられる方ならば、打ってつけの興味ある仕事であります。そういった方が風俗でイラマチオを体験すると良いでしょう。

関連記事

海外風俗嬢とセックスの研究

渋谷貧乳風俗と就活の悩み

変わり種デリヘルとしての外国人風俗

風俗でイラマチオとともに楽しめること

錦糸町外国人風俗と濃厚プレイのできる女の子

大久保イラマチオ風俗と人生の支え