海外風俗嬢とセックスの研究

エリア:ブログ

営業時間:

プレイ料金:

海外のある国では「セックスはスポーツである」といわれている。裸の男女がベッドの上で1時間2時間3時間・・・と腰を振って何度も交わり合う。有酸素運動の激しい運動の中、なおかつ勃ち続けなくてはならない。そういうこともあり日本に来た海外女性の中には、風俗店で働く人もいるのではないでしょうか。

女は一度イクとすぐにニ度、三度とイクことができます。それは一説によると男を興奮させるためにそのような仕組みになったそうですが、男は一度イクと再生するのに時間がかかります。勃起は血流の関係もあるので、時に長丁場の際にはドリンクやバイアグラなどのドーピングを使用することもあります。

そう、セックスはただ愛や性欲があるだけでは上手く行かない。セックスのための準備や体の仕組みを把握する必要があるのです。

まず基本的なところで「勃起」には何が必要か?
1つは、興奮する相手です。年をとってくると小学生・中学生時代に勃起しまくっていた昔が懐かしく、そしてうらやましく思います。あの頃は特に興奮するものがなくてもしょっちゅう勃起して、それを隠すのが大変なくらい元気な日々が続いていました。1つ1つのエッチな光景に素直に勃起し、何もなくても妄想で抜くことだってできたし、エロ本だけでも何日も持たせることができました。
年を経るとあらゆるエロを経験し、新鮮なエロというものになかなか出会えなくなります。女性の裸も見飽きて、もはや脱いでなくても相手の裸姿を妄想できるほどに明確なイメージが頭にあります。
毎日のように裸姿を見る産婦人科の先生が「女性の裸を見ても興奮しなくなった」と言うように、見過ぎると勃起すら難しくなってくるものです。
結婚すると「セックスは労働」と言われるくらい難しいものになりますが、大事なのは興奮する相手を選ぶことがまず第一ではないでしょうか。こんなことを女性に言ったら「女性の人権が!」とか何とか怒られそうですが、正直愛している妻でさえ裸を見過ぎ、どんな喘ぎ方をするかすら記憶に残っていると興奮することさえ難しいです。最初の内は下着を変えたりアブノーマルなセックスをして何とかしますが、それもいずれ限界が来ます。セックスレスの原因はそういうところにも原因があり、浮気に発展する理由にもなります。
興奮する相手を選ぶのも大事であると同時に、セックスの相性も大事になってくるでしょう。できれば結婚する前にそこまで確認しておきたいですが、中には「セックスは結婚してから」と頑なにしないカップルもいることでしょう。しかしセックスの相性が悪くて仲が悪くなる、ということも実際にはよくあるそうなので、「愛さえあればいい」という考えは現実的ではないかもしれません。

セックスの相性とは具体的に何か? と問われれば、自分と相手が気持ちのよいセックスができるか、によると思います。相手が気持ちのいい前戯は何か。どんな雰囲気だとセックスしたくなるか。気持ちいいと感じるポイントはどこか。スローセックスか、激しいのが好きか。バカバカしいと思う方もいるかもしれませんが、相手の性に対して詳しくなることも夫婦関係を健全に保つために非常に重要な事であると思います。

こどもができると夫婦にとって一番大事なものが変わります。女性は子育てに追われて夫を愛する暇もない、あるいはこどもが可愛くて夫の相手なんてしていられない、なんてこともあります。
妻を振り向かせるためにも、相手を満足させるセックスを身につけることは大事です。子育てが大変な上にセックスも下手なんてことになれば、毎日ケンカなんてこともありますし、様々な問題が生じます。セックスとは改めて原始的で最も有効な男女を結びつける行為といえます。セックスが上手ければ外見がどうでも相手を好きになってしまう、なんて女性もいるくらいですから。

このようなことにしっかりと目を向けて、海外の風俗嬢と遊ぶときのことを考えてみても良いでしょう。

関連記事

錦糸町貧乳風俗嬢との付き合い方

池袋貧乳風俗の魅力

大久保イラマチオ風俗と人生の支え

錦糸町外国人風俗と濃厚プレイのできる女の子

風俗と日本の歴史

外国人風俗に関連する流れ