タトゥー風俗嬢と遊ぶための風俗調査

タトゥーをした風俗嬢と遊ぶことに皆が賛成し、家にあるDVDとHDDを全てゴミにだして、それはもう本当に泣きまくったけど決心は着いた。家にあったDVDは一度全部見たやつだ。家にあったHDDの中のAVは全部一度見たやつだ。そう言い聞かせて俺の中の全てのベクトルが風俗一直線だった。でも、俺は風俗に関して全くの素人で、それは素人ハメ撮りモノをやらせたら相当なもんになるぐらいの素人で、果たして風俗にはどんだけ種類があるのかもわからないのだ。しかし、今の時代、風俗の教科書はなくてもインターネットがある。インターネットに繋がればオアシスのように俺が求めている風俗の情報が掴めるだろう。俺はめちゃくちゃオナニーしたいのを抑えて風俗を調べることにした。インターネットなんてAV調べるぐらいしか使った事がなかったが、暇な連中が色々風俗のことに関してサイトを作っていて、何か超楽ちんに風俗入門出来た。最初に調べたのはソープだけど、そのソープにもランクみたいな感じで超高級店、大衆店、激安店みたいな区分があることを知って、しかも激安店の中にはマットプレイがないところもあるのだとか。ええー!! ソープってマットするための所じゃないのっていう驚きと共に、ソープすら行ったことのない自分と自分のチンポコにすごい嫌悪感を覚えた。次に調べたファッションヘルスぐらいが丁度平均的な風俗なのだろうけどシックスナインが最大のポイントだとちょっとやっぱり個性が足りないかなあって思う。スマタって気持ちいいのだろうか、AVで見る限りはあんな楽しそうな焦らしはねえと思ってたけど、基本風俗って挿入なしだろうし、ソープは別にしても、なんかスマタってご褒美なしの拷問みたいにも思えてきた。でもいっちゃったら満足しちゃうだろうし、オナニーとは比べ物にならない快感があるのだろう。女の子の耳をペロペロ出来たらもう行った意味があるのかもしれない。でもなんか惹かれないのはなんでだろう。そんで次がピンサロ。これがコストパフォーマンス高そうでいいな。どうにかシックスナインも出来そうだし、口内発射だけど値段が低い分、いっぱいいけるってメリットがある。はずれを引いてもまあよしとするかって気分になるかもしれないし、ファッションヘルスよりいいかもなあ。でも衛生面考えるとやっぱりファッションヘルスとかのがいいのかな。そこらへんはどうなっているんだろう。安いってことはちょっとそういうリスク背負ってるようなところもあるなあ。でもタトゥー風俗嬢と遊べればそれで幸せだ。

関連記事

NO IMAGE

風俗で働くことのリスク

NO IMAGE

地方で風俗を楽しむコツ

NO IMAGE

ホテヘル体験談

不況時の風俗戦略

NO IMAGE

俺はエロいと言ってみる

NO IMAGE

博多の高級デリヘル利用のポイント