渋谷風俗【高級店】|ミモザ

渋谷風俗

店名:ミモザ
ランク:高級店

激安と高級の違いとは

激安風俗は何かしらの問題を抱えており、女の子や時間、サービスなどの側面から一つを目を瞑って激安風俗を利用している。そんな私が高級デリヘルを利用しようと思ったキッカケは単純に激安風俗店では我慢することが出来なくなってしまったからだ。
激安風俗では真の満足を得ることができず、心のどこかでしこりを抱えたまま性欲を満たさなければならない。こんな状況を脱するべく値段に目を瞑ってでもルックスレベルの高い女の子、満足いくまで精子を発射できるほどゆとりのある時間、イコウとする努力をすることなくいつの間にかイッテしまうようなテクニックを求めた私は高級デリヘルを利用した。
高級デリヘルは各地方に揃っているのだが、私はよりレベルの高い高級デリヘルを求めて東京の高級デリヘルを利用することにした。

渋谷高級風俗の「ミモザ」を利用

東京でもよりセレブが集う街のイメージがある渋谷の高級デリヘル「ミモザ」を利用することに決めた私は、早速電話をかけた。どうせ高い料金を支払うのなら確実に満足することができるように私は現役AV女優とのプレイを楽しむことに決めた。電話をかけるとあいにく当日に予約を取れるほど甘くはなく、一週間後のとある時間帯だけならイケるという話をされた。激安デリヘルなら誰でも良いからイカせてくれという気持ちで別の女の子を指名するのだが、真の満足を得るために高級デリヘルを利用した私は即答で一週間後の空いている時間に予約を入れて電話を切った。

現役AV女優との濃厚な一時

しかし、高級デリヘルを利用するまでの一週間は私にとって苦行でしかなく、辛いものでした。激安デリヘルなら性欲が溜まったら気軽に行けた手軽さがあったのだけど…と思いながらも私はより高級デリヘル「ミモザ」を満喫するために一週間オナニー禁止令を自らに課して自分を追い込みました。その努力のかいもあって一週間後の私は飢えた獣のように、道行く女を犯す妄想を楽しみながら理性で抑え込んで渋谷へとやってきました。
渋谷の街を歩き、ホテルに辿りつき宿泊チェックインをすると性欲がパンパンで破裂しそうだったため急いで電話を掛けました。
数十分後、部屋へとやってきた男性スタッフに利用料金を支払うと、私は我慢できず全裸で女の子の到着を待つことにしました。男性スタッフが去ってから数分後にやってきたAV女優に対して、いきなりキスをするとAV女優は驚くことなく受け入れてくれ、すぐに即尺のサービスが始まりました。もしかすると即尺はサービス時間外だったかもしれません。そのぐらい速攻でイッタ私は、計4回イクことになり、心の底から高級デリヘルに賛辞を送りました。
渋谷デリヘル「渋谷サンキュー」はこちら

関連記事

関連記事がありません。