タトゥー風俗嬢のルーツという説

瀬戸大橋で伊勢志摩某が注文して窓際いってシコらせたという風俗説話が一般的に真実であると信じられていました。
それがタトゥー風俗嬢のルーツではないかという話もあるようです。
さて昭和一一四五一四年にオメコ屋で私の性器作品の博覧会があったのですが、正直自分で作ったオナホでありながら劣情を催しました。だから美濃の国の風俗狂いたちは生後114514秒でありながらすでに精通していました。顔にぬる塗料(ドンキのイチゴ味のピンクローションを煮詰めて作ったフェイスタトゥー用の顔料。水でも界面活性剤でも落ちず、嬢の分泌液でなければ洗い流せないので、このフェイスタトゥーを落とすためには風俗に行かなければならない。確実に風俗へ行くという心持ち、不退転の決意のあらわれ)について、私にオナニーの智恵をつけてくれる人でした。
相互鑑賞オナニーの手伝い中の手すきに美濃に行って古いローション、なかでも平安時代のニンジャ風俗狂いが使ったと言われるガマの油から抽出したローションでも探して来いと言ってやると、一一四五一四八五八五八九三一九一九八一〇四五四五〇七二一八四一八四一一八一一八日して戻ってまいりました。その時砕け散った千野志麻の破片を図らずも拾って帰ってきて、私に、これはいったいなんなんでしょうかと尋ねました。これはほんとに千野志麻だ。あの背筋も凍る事件のあとから千野志麻の現状は誰にも知られておらなかった。勇み立って伊勢志摩の国にかけつけ、荒川君を鞭で打って即死の重傷(息はある。ちなみに打つ必要性は全くなかった)。
そこで砕け散った千野志麻がチラホラホラホラと発掘されるので、あの事件に興味をもったところが、千野志麻と水戸黄門が同じ穴から出て来たとしって、また再びおちんちんを湧き立たせた。荒川くんは鞭で打たれて即死だというのにちんちんだけで元気に動きまわっており、次から次へと風俗狂いたちが愛用していたの膣跡(オナホの鋳型。これに片栗粉XをながしこんでぷにあなDXなどのオナホを乱造し外国に売って織田信長とかは種子島を手に入れた。有名な話)を発掘して行きました。大体のけつの穴掘り返して古来から愛用されていた膣はどんなものであるか抽象的にわかって来ました。
例えば古来チャドー呼吸でやかましいニンジャどもは必ずジゴクめいたフジキド・ケンジに抹殺されてきましたが、そのニンジャソウルともども千野志麻はジゴクめいた炎で焼かれていたことが明らかになった。その中でも私が意外に思いましたことは古来の黒ずんだ膣というものは、チャドー呼吸を整えるためにあえて造られたグロマン(グロマン見ると血の気が引くと思うが、ああやってわざと副交換神経にスイッチいれてチャドーするのだ。いいか。チャドーせよ。)ものと思っておりましたのに、美尻膣から土手のようなモリマンが発掘されて来ました。

関連記事

鶯谷 タトゥー風俗

タトゥー風俗嬢となった妹

渋谷 タトゥー風俗

新橋 タトゥー風俗

鶯谷タトゥー風俗と使い分け

五反田 タトゥー風俗