ヘルシンキ風俗

エリア:ヘルシンキ風俗嬢

営業時間:

プレイ料金:

ヘルシンキ風俗

ヘルシンキの風俗で遊べる女の子

日本人にとってかなり神秘的な容姿。それがフィンランド人女性、ヘルシンキの風俗で遊べる女の子の特徴をあらわしています。透き通るように白くキレイな肌質・薄くて明るい真珠のような色の瞳は、日本人が抱く北欧女性のイメージそのもの。髪の色は金・銀と女性によって異なりますが、アメリカ人女性のようなはっきりとした色合いではなく淡く上品な色合いとなっています。また全体的に彫りが深く、ハッキリした顔立ちの人が多いです。

フィンランド人女性はやや筋肉質で、全体的に引き締まった体型の人が多いです。それはサウナが大好きで毎日のように利用する人が多いという国の文化も影響しています。欧米の女性といえば果実のように大きなバストが印象的ですが、ヘルシンキの風俗で遊べるのはそういったタイプではないようです。ただ胸が大きくなくても、神秘的な顔立ち・スレンダーな身体が好きな男性には良いでしょう。

ヘルシンキの風俗事情


生で女の子を選んで外に連れ出して、その子と最後までできる。そんな風俗店がヘルシンキにはあります。ナイトクラブのようなお店に入り、まず入店料として10ユーロ(1,240円)程度を支払います。店中には数人の男性と10人前後の女の子がおり、その中からお気に入りの女の子を選択するシステム。基本的には10ユーロ程度のお酒を飲みながら選ぶことになります。またお店によっては分煙となっているところもあるようです。

女の子を選ぶと今度は女性と料金の交渉を行います。2時間で300ユーロ(37,200円)と、吉原の中級ソープなみの金額を出されることも多いようです。ただ交渉で安くすることもできます。その後宿泊先のホテルで女の子とプレイ。基本的に○番はできるもののプレイ内容に関しては女の子によって大きく異なり、中にはキスがNGという子もいるようです。このように女の子の選択や交渉次第で天国にも地獄にもなります。

日本の風俗で遊べるヘルシンキ女性


日本の風俗でも神秘的なフィンランド美女と遊びたい。そんな要望に応えるお店のひとつが池袋の「ミスユニバース」。同店に在籍する「セシリア」ちゃんは、フィンランド出身の美少女です。164センチの身長に、ウエスト57センチというスレンダーな身体。そしてライトブルーの瞳とライトブラウンの髪は北欧美女ならではの特徴です。

そんな彼女はまだ19歳と若いこともあって、恋人同士のようにイチャイチャすることが好きだといいます。また性感帯も多いため、敏感な反応を楽しむことも可能です。それだけに「セシリア」ちゃんと遊ぶことによって、北欧美女と楽しいひとときを送ることができるでしょう。

関連記事

関連記事がありません。